08/12/2016

非居住者の納税義務 (Non Resident Taxation)

NZに居住しているNZ Tax ResidentはNZで得る収入だけでなく、NZ以外の国で得る収入(Worldwide Income)も申告しなければなりません。当然ですが日本で得る収入も含まれます。例えば、家賃、利子、年金等です。また、二国間に渡る二重課税を避けるため、すでに日本で支払った税金をNZの税務署にも申告します。

 

今回のブログでは、NZに居住していない人のNZでの納税義務についてお話します。非居住者はNZで得る収入のみ申告の義務があります。例えば永住権を持っていなくてもNZにおいて投資がある場合、その投資から得る収入に対してはNZで税金を払わなければなりません。もちろんNZで会社もしくはビジネスを持っている場合はNZで申告しますが、個人の場合も同様にNZでの収入があれば申告の義務があります。日本に住む日本人がよくNZで定期預金を持つ場合がありますが、銀行は直接利子から税金を差し引くので(非居住者に対する特別税率)、NZでの収入が銀行の利子だけの場合は、通常申告の必要はありません。

 

日本人の個人の方の場合、一番多いNZでの投資は貸家ではないかと思います。NZに家を持ち、遊びに来るときに住む以外は家賃のために賃貸する場合もあると思います。

 

NZに居住していなくてもNZで得る家賃は収入として毎年税務局に申告する必要があります。申告する際にその家に関する経費は税金のために必要経費として認められます。家の購入のためにローンを組んだ場合はローンの利子も必要経費となります。

 

さらに詳しい情報はご自分の会計士にお問い合わせください。

 

これらはあくまでも、一般的なガイドラインですので詳しくは最寄の公認会計士にご相談下さい。

公認会計士 ウォレン・ハーディー    ©

ご質問がありますか?

お客様とお客様のビジネスをどのように支援できるか、お問い合わせください。